Q2:タトゥー除去施術を受けたら跡が残りませんか?傷跡は目立ちませんか

A:とくに女性は気になる問題点だと思います。実際のところ傷跡は少なからず残ると考えて置いた方が良いでしょう。
レーザーや切除、植皮といった方法があり、レーザー施術なら跡が残らないと考えている方が多いかと思われます。
しかしながら、レーザーは光を照射する方法ですので、やけどのような跡が残ることもありえます。
実際、治療後に皮膚にそのような跡が残ると言われているので理解しておいてください。
また、レーザーは仕組み上、黄色などの淡いカラーには対応していません。
タトゥーの色合いによってはレーザーが効かないこともあります。

 

切除の場合、色関係なく施術可能ですが、切除後にまわりの皮膚を縫合するので線状の跡が残ることが予測できます。
ただし、医師の技術にもよります。実績があり技術力の高い医師なら、傷跡も最小限にとどめることができます。
植皮においても切除と同じようなリスクがあります。
また、他の皮膚を移植する方法ですので、皮膚が茶色く見えるなどのリスクもあります。

 

レーザー以外、切除や植皮を希望する場合はとくに医師の実績をチェックし、クリニック選びに失敗しないように気を付けてください。
体験談などを必ず確認してクリニック選びは慎重に。

 

なによりも、自分のタトゥーの状態に合わせて施術法を選ぶことが大切ですが、失敗しないためにも傷跡を最小限に抑えるためにも経験豊富な専門医が在籍するクリニックで相談しましょう。